入院給付金が受け取れるので、経済的な負担を減らせます

サイトメニュー

条件が緩い商品

カウンセリング 通常の医療保険では、過去5年にうつ病の治療を受けている人は加入できないことがあります。引受基準緩和型や無選択型という商品であれば加入できる可能性がありますが保険料が割高になるので、貯蓄するという選択肢も入れると良いかもしれません。

詳しく見る

必要な備え

ハートと聴診器 うつ病と診断された場合、生命保険や医療保険への加入が難しくなりますが、引き受け緩和型や無選択型など加入可能な商品もありますので、一括見積もりサイトを利用するなどして準備が必要です。また、申し込みの際は告知義務違反だけはやってはいけません。

詳しく見る

まずは相談をしよう

医者 うつ病に罹患をすると治療費は保険適用外になってしまう、と考えてしまう人もいますが、実際には自己負担額は全額というわけではないので、安心をして受診をすることができます。クリニックも多くなっているので選びやすいです。

詳しく見る

心の病かもしれません

診察 うつ病は誰もがかかる可能性のある病気の1つです。治療を受ければ治すことができますが、完治までには期間を要することも少なくありません。あらかじめ保険に加入したり各種制度を利用したりすることで経済的な負担を軽減することができるので調べておきましょう。

詳しく見る

対応商品を探す

診察 うつ病に対応をしている医療保険もあるので、加入を考えてみるのもよいでしょう。そうすることによって、入院が必要になった際のお金の不安も解消させることができます。安心をして生活をするためにはお金が必要です。

詳しく見る

自立支援医療を申請しよう

診察

高額医療制度を利用するとお金が戻ってくる

心療内科や精神神経科で、うつ病が診断されると休職が必要なケースもあるため、経済的な不安を感じている人がほとんどです。意欲や気力が著しく減退しており、家事や仕事、育児などに影響が出ている場合は、入院治療が必要になることもあります。ほとんどの場合は、外来による通院が中心になります。社会保険に加入をしていたり、国民健康保険に加入をしている場合は、保険適用が受けられるので、3割負担で治療が受けられます。健康保険が利用できるので、通院の場合はあまり高額になることはありません。治療を始めて半年ぐらいが経過しても、体の調子が優れない場合は、自立支援医療が受けられる場合があります。医師の診断書や申請書、同意書などが必要ですが、受理されると医療費が1割負担になります。うつ病の治療が長引く場合は、自立支援医療の申請をしてみると良いでしょう。都道府県で認められると受給者証を発行してもらえます。通院や薬代の負担を減らせるので、安心して治療に専念することが出来ます。

うつ病で入院が必要になると、経済的な負担が大きくなるので不安を感じている人がほとんどです。医療保険に加入をしている場合は、入院給付金を受け取ることが出来るので、安心して治療に専念することが出来ます。国民健康保険には、高額医療費制度があります。入院などで治療が長引くと、高額な費用が発生する可能性があります。高額医療制度を利用すると、払いすぎたお金が戻ってくるので、必ず手続きをしておきましょう。医療保険や高額医療制度を利用することで、お金の負担を減らすことが出来ます。なるべく健康で若いうちに、加入をしておくと、うつ病に罹った時も手厚い保障が受けられます。うつ病を診断されると、医療保険に加入が出来ないと悩んでいる人が少なくありません。健康な人向けの医療保険は加入が難しくなります。引き受け緩和型は、一定の条件を満たしていると加入をすることが可能です。無選択型などは、掛け金は高めですが、うつ病などの精神疾患の病気でも加入がしやすいです。じっくりと比較してから申し込んで下さい。

Copyright© 2019 入院給付金が受け取れるので、経済的な負担を減らせます All Rights Reserved.