入院給付金が受け取れるので、経済的な負担を減らせます

サイトメニュー

必要な備え

ハートと聴診器

精神的疾患でも加入する為に必要な事

うつ病をはじめとした、精神的疾患と診断された場合に注意が必要な事として、保険商品への加入が挙げられます。精神的疾患と診断される以前に契約済みの場合には問題ありませんが、診断されて以降の場合には医療保険や生命保険への加入が難しいと言う実情があります。理由としては、身体的な疾患の場合と同じで、利用する確率が高いと言う事や精神的疾患の場合は、自ら命を絶つケースも少なくないからです。しかし、精神的疾患を持つ方でも怪我や身体的疾患や亡くなった際の備えをしておく権利は、もちろん必要です。そこで各保険会社が打ち出しているのが、うつ病でも加入出来る確率がある引き受け緩和型商品と言う事になります。これは、告知項目を限定する事で一般の加入者に比べて掛け金が割高となり、保障が加入後1年間は半額になったり保障額が低額に設定されたりした商品です。更に条件が緩い無選択型商品の場合には誰でも無審査で加入可能ですから、うつ病の場合でも確実に加入可能ですが掛け金は更に割高になります

うつ病などの精神的疾患と診断されてから保険商品への加入を検討する場合には、事前に準備が必要となるポイントが幾つかあります。まず一番重要なポイントとなるのは、うつ病と診断されてからでも加入可能な保険商品をピックアップすると言う作業になります。各保険会社とも引き受け緩和型や無選択型など、精神的疾患でも加入出来る可能性がある商品をラインナップしていますので、一括見積もりサイトなどを利用すると良いでしょう。どのような病気や怪我が対象となるか、支払い可能な掛け金と掛け金に対する保障額などを、十分に検討し照らし合わせる事が、重要なポイントとなります。そして一番やってはいけないポイントとなるのは、うつ病と診断されていながら告知をしない告知義務違反で、これは明るみに出てしまえば犯罪行為として罰せられます。うつ病が原因で仕事が出来なくなり掛け金が払えないとなると、元の木阿弥となりますので障害年金や傷病手当金など、公的制度の受給も合わせて検討する必要があります。

Copyright© 2019 入院給付金が受け取れるので、経済的な負担を減らせます All Rights Reserved.