入院給付金が受け取れるので、経済的な負担を減らせます

サイトメニュー

条件が緩い商品

カウンセリング

貯蓄という選択肢もある

保険に加入しようとすると、持病の有無について問われるのが一般的です。うつ病も持病になるので、加入条件を満たせない可能性があります。しかし、高齢化が進み、持病持ちの人が多いため、そうした人を保障するために条件を緩くした保険が増えています。特に死亡保障が付かない医療保険は加入しやすいです。医療保険には掛け捨て型と積み立て型があり、どちらが良いか迷ううつ病患者は少なくありません。掛け捨て型はお金が戻ってくることはないものの、毎月の支払い金額が安く、商品の種類が豊富なのがメリットです。一方、積み立て型はお金が戻ってくるので、貯蓄として捉えることもできます。もし病気やケガをせずに保障を受けなかったとしても、損をした気持ちにはなりません。掛け捨て型にするか積み立て型にするかは、ファイナンシャルプランナーによっても意見の分かれるところです。しかし、医療保険のスタンダードは掛け捨てであることや、資産運用をするなら投資にすべきという考えも増えてきていることから、積み立て型のメリットは小さいといえるかもしれません。

うつ病の治療を受けていても加入できるのは、引受基準緩和型や無選択型と言われる保険です。引受基準緩和型は加入条件を緩くしており、通常10個程度ある質問が、3つから5つほどになっているのが一般的です。無選択型はそれよりも条件が緩くなっています。ただし、一般的に通常商品よりも割高になっており、中には契約から一定の期間は受け取り金額が半額になるといった商品もあります。うつ病患者は加入できる保険が限られているので、ついつい安易に決めてしまう人もいますが、契約内容はしっかりと確認して商品を選びたいところです。引受基準緩和型保険の月払保険料の目安は3,000円から4,000円ほどで、入院日額は5000円程度という商品が多いです。病気によって入院費は異なりますが、入院費の平均は1日約20,000円となっています。うつ病で入院した場合は日数が長くなる傾向にあり、入院費が嵩みがちです。しかし、高額療養費制度を利用すれば自己負担額は抑えられるので、毎月保険料で支払うのと自分で貯蓄するのではどちらが得策か考えるのも一つの方法です。

Copyright© 2019 入院給付金が受け取れるので、経済的な負担を減らせます All Rights Reserved.