入院給付金が受け取れるので、経済的な負担を減らせます

サイトメニュー

心の病かもしれません

診察

各種制度を利用すれば負担を減らせます

心の病を患う人は300万人以上に達すると言われています。中でもうつ病の症状に悩む人は100万人を超える勢いで増加しています。15人に1人はかかる可能性があり、患者の4人の内3人は適切な治療を受けないまま生活していると言われています。この病気の症状として多いのが、気分の落ち込みや理由のはっきりしない不安感です。更に睡眠障害や食欲不振等の身体的症状が伴う場合もあります。このような症状が数日で回復する場合には問題ありませんが、2週間以上続くようなら病気の可能性があるので診察を受けましょう。もしうつ病と診断されても慌てることはありません。完治させるまでにはある程度の期間が必要なので、各種手当てなどについて申請しておきましょう。健康保険の傷病手当は日割り給与の3分の2を受けとることができます。そしてうつ病の治療は保険診療なので3割負担で済みますが自立支援医療の制度を利用すれば、原則1割で済ませられます。うつ病になったからと言ってすぐに仕事を辞める必要はありません。これらを利用しながら根気よく治療を続けていきましょう。

うつ病になるとマイナス思考に陥りがちです。まずは、治療に専念できる環境づくりを心がけましょう。そのためには、家族や身近な人の協力が不可欠です。患者本人だけでなく、家族も一緒に今後の治療方針などについて医師と話し合うのが良いでしょう。そしてうつ病は治療のゴールがはっきりせず、再発をしやすい病気でもあります。仕事や家庭のことを考えると不安は募るばかりです。そのような不安な気持ちをいつまでも持ち続けては、症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。特に治療にかかる費用の負担を少しでも抑えるためにも保険に加入しておくのが良いでしょう。しかしうつ病に限らず、持病を持つ人は保険の種類によって加入できない場合があります。そのような人でも引き受け基準緩和型なら告知項目が限定されているので、加入しやいのがメリットです。さらに無選択型なら健康状態について無審査でも加入することができます。これらの保険は加入しやすいのですが、料金が割高な場合があります。いづれにしても各保険会社によって加入できる基準や保障内容が異なるので比較して検討しましょう。自分に合う保険が必ずあるはずです。

Copyright© 2019 入院給付金が受け取れるので、経済的な負担を減らせます All Rights Reserved.